エンジニアの基礎を学んでからの求人探し

エンジニアの基礎を学んでからの求人探し

エンジニアとして企業に就職して数年間の現場教育を受けると専門家として一人前に働けるようになります。このタイミングで新しい仕事を選ぼうと考えて求人探しをするときにはどのようなことに気をつける必要があるでしょうか。

基礎だけでは転職は困難

IT業界では様々なエンジニアの需要が高いと言われています。求人も豊富にあって転職しようと思えば受け入れてくれる企業を見つけるのはそれほど難しくはありません。基礎が身についたエンジニアにとって新しい仕事を選んで働くのは簡単だと考えられてしまいがちですが、現実はそれほど甘くはないというのも事実です。基礎だけしか身についていないエンジニアの需要は低く、それほど受け入れてくれる企業は多くありません。転職によって給料も上げてやりがいのある仕事にも就きたいと考えたら、専門性を高めて独自性のあるエンジニアにならなければならないのです。そのために仕事と並行して自分なりにスキルアップを行い、応用的な分野で活躍できるようになるための下地は整えておかなければなりません。応用経験を積めればそれに越したことはなく、転職によるキャリアアップは比較的容易になります。

応用の方向性を考える上で重要なこと

転職を考えているエンジニアは自分で勉強をして将来性を高める必要がありますが、どのような方向性でスキルアップをしていくかはよく考えなければなりません。一つの基礎スキルを原点として応用の方向性を考えていくとほぼ無限の可能性があるのがITの特徴です。求人を探すことを念頭に置くと、企業が必要としているスキルを身につけることが重要になります。求人の動向を調べて募集が多い分野への応用を考えてスキルアップをするのは単純明快でありながらも効果的な方法です。しかし、それと合わせて考えた方が良いのが興味であり、その方向へ応用していったときに自分にとってやりがいのある仕事ができるかは考えておかなければなりません。まだ基礎が身についたレベルのエンジニアはしばしば目の前の仕事にばかり目を向けてしまって、先々の仕事について失念してしまっていることがあります。確かにさらなる応用性があってその内容に興味を持てるということを確認した上で自分が進む方向性を定めるのが肝心です。

平均年収を考えて選ぶ求人

求人を見ていると年収についても気にかかるようになるエンジニアも多くなります。転職の目的はやりたい仕事をできるようにするという人もいますが、もっと稼げるようになりたいと考える人も少なくありません。IT業界では様々な形でエンジニアが活躍していて、職種によって平均年収にも大差があります。勉強を進める方向性として平均年収の高さを指標にするのも良い考え方です。システムエンジニアとして働き続けるのを基準にして考えると、トレンドとなっているネットワーク系やデータベース系に専門化していくことで平均年収は高くなります。また、ハードウェアの開発の必要性が高まっているため、平均的に見るとソフトウェア系よりも年収が高くなっているのが現状です。インフラエンジニアはやや低迷する傾向がありますが、仕事が安定しているという点ではメリットがあります。一方、コンサルタントやアナリストを目指すと飛躍的に年収が上がる傾向があり、成果を上げているエンジニアの場合には1000万円以上も稼いでいる人も多いのが実情です。このような年収の動向について把握して自分の進む道を選ぶと、稼ぎたいという目的を持っている人にとって理想的なキャリアパスを作り上げられます。

ステップとして考える求人選び

求人選びをするときには次が最後の職場だとは考えないのも良い方法です。IT業界では能力的に十分であれば何度でも転職してキャリアアップを図っていくことができます。特に基礎ができた段階のエンジニアの場合には、まずは最初の転職をステップアップの機会と考えて専門性を高め、次の転職で理想的な仕事に携われるようにするという考え方を持つのも賢明です。その場合には研修や教育が充実していて、若くても責任のある仕事に従事できる職場を選び出すことが必要になります。小企業ほど一人のエンジニアの責任も仕事範囲も広くなり、飛躍的なスキルアップを目指せる可能性があるということも知っておくと便利です。

転職はキャリアアップという認識が必要

エンジニアにとっての転職は基本的にはキャリアアップであるということは認識しておいた方が良い点です。その転職によって何を達成したいのかを明確にして求人選びをすると失敗がありません。将来的に活躍するためのステップとするのも、着実に年収を上げていくために次の職場を選ぶのも自由です。明確な目標を掲げてから求人を探すようにすれば適切なものが見つかりやすくなります。基礎スキルだけでは望んでいるような転職ができない場合もあるため、事前に将来性をよく考えて自分の進むキャリアパスを考えておくのが肝心です。そして、転職時期を定めて予め勉強を重ねておき、応用的な仕事に従事できるようにしておくと速やかに転職に成功することができます。
f