基盤ができているシステムエンジニアの転職は有利

基盤ができているシステムエンジニアの転職は有利

システムエンジニアはIT業界で働く際の最初のキャリアとしてよく選ばれます。仕事の魅力に駆られて選んでいるケースも多いものの、エンジニアとしての基盤ができていて転職に有利な面もあるのがシステムエンジニアの特徴です。

システム開発から学べるスキルは汎用性が高い

システムエンジニアが転職に有利なのは仕事を通してエンジニアとして多方面で活躍するための基盤ができているからです。システム開発はIT業界における多様な職種で働くための基礎的な部分をほぼ網羅して学べる魅力があります。クライアントのニーズを把握して、問題を考察してシステムによる解決策を考案し、適切な形でプレゼンテーションすることによって契約を取り付けるというプロセスを担当することになるからです。そして、契約を取り付けることができたら仕様書や設計書を作成してプログラマーに引き継ぐというのが一般的ですが、現場によっては直接開発業務にも携わることもあります。そして、システムが完成したときにはそのシステムをクライアントの前でテストして納品するのも担うのがシステムエンジニアです。その後の運用や保守などについての相談にも応じることが多く、システムが生み出されるところからクライアントの下で活用されるところまで広く理解しなければ仕事になりません。この現場で働くのは汎用性が高いスキルを身につけるのにつながるのです。

専門を決めればスペシャリストになれる

システムエンジニアとして働いていると基本的には広く多様なシステムを活用する可能性を考えなければなりません。クライアントに対して最適なシステム構成を考えなければならず、ハードもソフトも熟知していることが要求されます。その後もシステムエンジニアとして働き続けることは可能ですが、専門とする分野を決めることによってスペシャリストになることも可能です。ネットワークやデータベースなどの一分野に特化したスキルを身につけることにより、その分野で広い仕事に専門的に携われるエンジニアとしての地位を確立できます。スペシャリストになると転職先の候補は絞り込まれることになりますが、スキルの高さと経験の豊富さに応じて高い待遇の求人を選ぶことができるようになるのが魅力です。システムエンジニアとして働きながら興味のある分野を探し出し、スペシャリストになって転職すると仕事に対して高いモチベーションを維持しやすくなります。

独立してフリーエンジニアになることも可能

システムエンジニアはシステム開発のために必要なスキルとノウハウを一通り身につけているため、独力で開発を担うことも可能です。既存のシステムを改変したり、維持や運用、保守や監視などを行うこともできる基盤が揃っていることから、フリーエンジニアとして働けるようになります。フリーエンジニアに転職する方法は独立して自由に働けるという魅力もありますが、将来的に再度転職して管理職になるキャリアパスとしても有力です。個人事業主として経営や営業、経理に関する知識も実践的に身につけられることから、IT企業から管理職候補としてスカウトされることもしばしばあります。フリーランスをするには自分一人で一定以上の仕事ができる必要がありますが、システムエンジニアとして働いて十分な経験を積んでいれば問題はなく、仕事を探すのにもそれほど苦労することはありません。

インフラも担えると社内エンジニアとしても活躍できる

システムについて開発時点から運用まで広く理解しているシステムエンジニアはインフラエンジニアに転職することもできます。IT系の企業でスペシャリストとして働くこともできますが、一般企業においても社内エンジニアとして働くことが可能です。ITを活用したハードウェアやソフトウェアを開発していない企業であっても、社内サーバーを構築してネットワークを作り上げて運用していることが多くなりました。そのため、社内インフラを担うエンジニアとしての社内エンジニアが必要となっています。このようなキャリアパスを選ぶときにはネットワーク系のシステム開発に携わってきた経験が重宝されますが、システムエンジニアとして働いた経験があって独自にネットワークについて学んだだけでも受け入れてくれることは少なくありません。有能で継続的に働いてくれるエンジニアが求められているため、社内エンジニアへの転職を考えるときには終身雇用を想定しておくことが大切です。

汎用性の高いスキルがあるからこそ転職の幅が広い

システムエンジニアとして働いて一人前になると汎用性の高いスキルが身につきます。広くシステムについての理解を深められるのはシステムエンジニアとして働くメリットであり、IT業界で働いていきたいと考えたときに多様なキャリアパスを描くことが可能です。企業への転職の幅が広いのは魅力ですが、独立してフリーエンジニアになることもできます。IT業界外の企業でも社内エンジニアとしてのニーズがあるため、エンジニアとしてどのように仕事をしていきたいかに応じて柔軟にキャリアパスを選ぶことができるのが魅力です。その影響でIT業界でエンジニアが働き始めるときにシステムエンジニアからスタートすることが多くなっています。