手順を正しく踏んで実現するSEの理想の転職

手順を正しく踏んで実現するSEの理想の転職

SEとして働いてきたエンジニアが理想の転職を実現しようと覚悟を決めたら、手順を誤らないことが大切です。焦って求人探しから始めてしまわないようにしましょう。重要なのは第三者からのアドバイスを受けながら進めることです。

SEとして働いてきて身についた能力をまず考える

SEが転職をする手順として真っ先に行うと良いのが自分の能力について省みることです。現場で働いてきてどのようなスキルが身についたのかをできるだけ詳細に考えて転職に生かすのが重要になります。基本的にはスキルの高さによって転職先での待遇が決まるので、全く関連性のない分野に挑むよりも、直接的にスキルを生かせる現場を選んで転職した方が給料も立場も高くなりやすいのです。SEとして働いているとプログラミングスキルは身につきますが、どの言語をどの程度のレベルで扱えるのかを評価しておくと役に立ちます。上流工程を担ってきた場合には顧客対応力も身についているはずです。その対応で相手がどの程度満足してくれていたかを省みてみるとスキルの高さを評価することができます。また、その過程で他の業界の業務知識も付いているため、類似した業界に関わる企業に転職するときにはアピールポイントにすることが可能です。さらに現場で活躍してきた場合にはプロジェクトリーダーを経験している場合もあります。管理能力が必要とされる職種であり、リーダー経験があるならさらに上位の管理職を目指す転職も有力候補にできるのです。

エンジニアとして何をしたいかを考える

自分の能力について省みてから次に行うのが将来に何をしたいかです。SEからSEへと転職することもできますが、職種を変えて働いていくこともできます。エンジニアとしてIT業界でどのように活躍していきたいかを考えることは転職する上で欠かせません。上流工程を担っていきたいか、下流工程を担当して現場で開発に携わっていきたいかといった点をまず考える必要があります。また、上流工程であっても開発を担うか、コンサルティングをメインにするかといった点で関わり合い方は多種多様です。インフラを担う道もあれば、アナリストで働く道もあり、SEとしての基礎を学んできた人材の将来の道は様々なものがあります。自分がやりたいことを明確にして、そのためにどの企業にどのような職種で転職すれば良いかを考えるのが必須です。そして、スキル的にギャップがある場合には勉強をしてギャップを埋めた上で転職することが欠かせません。

キャリアアドバイザーに相談して詳細を詰める

自分一人では考えていても埒が明かないことはよくあります。SEにとって将来の職種の可能性は広く、調べてみると興味のある職種が多数見つかって悩む場合も少なくありません。その際に役に立つのがキャリアアドバイザーであり、IT関係を専門としているアドバイザーに自分の能力について省みた結果や自分が興味を持っている職種について話を持ちかけてみると方向性が定まりやすくなります。キャリアアドバイザーは専門家としてIT業界の職種全般を熟知していて、これまでに多くのSEの転職をサポートしてきているのが特徴です。そのため、自分の能力や興味に基づいて最適と考えられる職種を提案してくれます。自分が調べても見つけていなかった職種や、仕事内容について誤解していた職種などを紹介してくれることも多く、エンジニアとしてこれがやりたいと思えるものを発見させてくれると期待できるのがメリットです。

転職サポートを受けて失敗するリスクを減らす

転職を初めて志すSEは転職サポートを全面的に受けるのが転職に失敗するリスクを減らすのに肝心です。キャリアアドバイザーは求人紹介も行ってくれるのが基本であり、やりたい仕事を見つけられるだけでなく、具体的に転職先の候補についても提案してもらうことができます。給料や勤務時間などの待遇についての要求や、将来的な待遇についての要望についても相談すると最適な求人を選定してもらうことが可能です。応募するときには職務経歴書の書き方や面接の受け方などについても具体的なアドバイスをもらうことができるため、成功するためのノウハウに基づいて転職活動を行うことができます。専任のアドバイザーが付いてくれると、将来的にまた転職をしたいと考えているときにも継続的にアドバイスをしてくれるため、安心してエンジニアとしての理想を追求していくことが可能です。

転職の成功はアドバイザーのフル活用で勝ち取れる

SEが理想の転職を実現するにはキャリアアドバイザーをフル活用することが大切です。その手順として最初に自分でSEとして働いてきたことによって培ってきたスキルについて省みて人材としての価値を客観的に詳しく評価し、これから転職をしてどのようなエンジニアとしてIT業界で働いていきたいかを考えることが必要となります。その結果を携えてキャリアアドバイザーに相談すれば最適な職種を提案してもらうことが可能です。そして、その後も求人の紹介や応募の準備などのサポートを受けていけば転職の成功を勝ち取ることができます。スムーズに転職を進めるには下準備をした上でキャリアアドバイザーに相談するのが優れている方法なのです。