システムエンジニアの転職先の候補と特徴

システムエンジニアの転職先の候補と特徴

システムエンジニアとして技量を高めてきたエンジニアは転職によって新たな人生を歩むことができます。それまでのキャリアを生かして働く道として典型的なものが四つありますが、どのような特徴があるのでしょうか。

システムエンジニアの典型的な転職先

システムエンジニアが培ってきたキャリアを生かして転職する道として典型的なものあります。IT業界内でシステム開発を担う企業に転職する、他の業界で社内エンジニアとして活躍する、クライアントの下に派遣されて働く客先常駐系が主なキャリアパスです。これに加えて独立してフリーエンジニアになるという道も選ぶことができます。このような選択肢の中でどれが最も自分に適しているかを判断することが肝心です。どの現場を選ぶかによってシステムエンジニアとして働いている間に身につけたスキルの応用範囲や、転職後のスキル習得の必要性に大差が生じます。

IT業界にこだわるなら自社開発系

IT業界で働き続けたいという人にとって最も魅力があるのがIT系企業を選んで転職する方法です。システム開発を行うことにやりがいを感じているシステムエンジニアにとっては自社開発系の企業に転職するのはキャリアアップになります。それまで培ってきたスキルにプラスして新しい現場で別のスキルを習得することができ、組み合わせることによって独自の発想による開発を行えるようになっていくからです。十分な現場経験を積んでいる場合には下流工程だけでなく、上流工程にも参画できるようになっていきます。上流工程でのスキルが認められるとコンサルティングを仕事とするキャリアパスも切り開けるようになるのが魅力です。また、マネジメントスキルが認められればプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーへの昇進への可能性もあり、昇進によって高収入で働けるようになると期待できます。徹底してシステム開発を行うIT業界で働きたいという人にとって理想的な転職先です。

他の業界で働くなら社内エンジニア

IT業界で切磋琢磨をしながらシステム開発を担っていくよりも、他の業界で安定して働いていきたいというシステムエンジニアにとって優れている選択肢です。通常は社内エンジニアとして雇用されると終身で雇ってもらうことになり、その企業で利用している情報システムの維持や運用を担うのが主な仕事になります。インフラの維持を任されることが多いため、事業を行う上で縁の下の力持ちとなって働くことになりやすいのが特徴です。転職先の企業がどれだけITを必要としているかに応じて業務内容が多岐に渡る場合もあることから、転職の際には従事する可能性のある業務について一通り確認をしておく必要があります。Webマーケティングや誹謗中傷対策などのネットワーク関連の業務を任されたり、ビッグデータの管理を託されたりすることも多くなってきました。システムエンジニアとしてどのような仕事に関わってきたのかに応じて適切な企業を選んで転職するのが成功の鍵となります。

客先常駐系のメリットとデメリット

客先常駐系のエンジニアとなる方法はやりがいがあるのがメリットです。クライアントの要望に常に忠実に応えることが必要とされるため、業務内容も広いことが多く、柔軟な対応力も必要になります。システムエンジニアとして広い範囲のシステムに触れてきた人ほどやりがいがある現場になりますが、守備範囲の狭いエンジニアにとっては初期には苦労が多くなりがちです。特にクライアントからの要求が厳しいと残業も多くなる傾向があります。やりがいと厳しさのバランスを考えて、自分に合っているレベルで働ける企業を探し出すことが重要です。

独立して働くのも選択肢のうち

システムエンジニアは開発力があることから請負案件を中心として担うフリーエンジニアになることもできます。転職によりフリーランスを始めるエンジニアが増えていますが、受注できる仕事が十分にあるかどうかを確認してから独立することが必須です。広く仕事を担えるエンジニアほど安定して収入を得られるようになっている傾向があります。フリーエンジニアになってから企業に返り咲きする人も多く、そのために必要な実績を十分に上げられるスキルが十分に身についているかどうかを確認してから決断することが肝心です。成功しているエンジニアと失敗しているエンジニアとで年収差が大きく、システムエンジニアとして働いているうちにどれだけスキルを身につけたかが重要になっています。

最終判断は自分のエンジニアとしての気概から

このように四種類の主なキャリアパスを選ぶことができるのがシステムエンジニアです。どれを選んでもメリットもデメリットもあるため、最終的には自分がこれからどのようなエンジニアになっていきたいかに応じて判断する必要があります。IT業界で活躍したいという気概を持つか、スキルを生かして他の企業に貢献していきたいかといった形で自問自答をして良い道を選ぶのが大切です。システムエンジニアにとっては転職はエンジニア生命を大きく左右するタイミングになるので、自分の希望する将来像を考えて転職先を決定するのが重要になります。